溶接ひずみ解析


溶接ひずみ変形解析は、電流電圧・溶接順序およびクランプ位置などの各種溶接条件を溶接工程毎に任意に設定することが可能であり、短時間で解析ができますので、現場での溶接ラインの立ち上げ等の準備に効果的です。

特徴

固有ひずみ法解析(ASU/WELD-Express
1 アーク溶接の変形を高速に予測可能
固有ひずみ法(弾性解析)+静的陰解法を採用
高速解法で実用的な評価精度を持ち、多様な溶接条件の検討が可能
2 電流・電圧、溶接速度などを任意に設定
溶接工程毎にクランプ位置の設定が可能(実際の工程に合わせた解析が行えます)
アンクランプ設定も可能
3 大物(大規模実部品)を対象とした解析が可能
熱弾塑性解析では不可能な大物の解析も可能
4 溶接工程の設定
溶接の種類(隅肉・重ね・突合せ)の選択が可能
熱弾塑性解析(ASU/WELD-Master
1 多工程(多層)溶接における熱ひずみ、残留応力、板隙等、時系列の熱履歴を詳細に予測
溶け込み領域などの評価が可能
2 線形領域(A領域)と溶接トーチ周辺の非線形領域(B領域)に分ける解法(ISM法)を採用
実規模モデルでの高速解析が可能
3 大規模解析(~200万要素)の対応が可能(100万節点規模の解析が10日以内で実現)
クランプは工程毎に変更が可能、複雑溶接パスや同時溶接が可能
4 入力データ作成の半自動化を実現
実形状でのモデル化が可能(汎用プログラムではモデル化が困難)
要素は6面体および5面体

準備していただくデータ

1 溶接部品ごとのCADデータ、IGESデータ、もしくはNASTRAN形式の非構造格子データ
2 溶接条件
・溶接部品の材質(鋼板の種類と板厚)
 現在は普通鋼板のみ対応が可能、その他は別途協議
・溶接解析条件(電流・電圧・速度)
・クランプ(冶具等による固定位置)の位置
・溶接順序(複数箇所の同時溶接も可能)
3 解析で確認したい事項などの要望

ご報告内容

1.報告書

溶接条件毎の部材変位(コンター図およびアニメーションファイルの出力も可能)
溶接毎に評価したい箇所の変位量

2.イメージデータ

静止画:JPEGなど
動画  :avi、mpegなど

コの字型(重ね継手溶接)

71,126節点、57,564要素
溶接長156mm×2本
解析時間(伝熱+応力=12h)

継ぎ手部の変位量と相当応力

モデル:2輪燃料タンク(突き合せ溶接)

節点数:236,060
要素数:157,844
溶接長:100mm+440mm
解析時間(伝熱+応力=35h)

解析結果

温度分布[℃]

変位量絶対値[mm]

相当応力[MPa]

相当塑性ひずみ

http://www.astom.co.jp/business/analysis/form.cgi